カリタスバングラデシュの責任者ベネディクト・アロ博士。全国で63ほどのプロジェクトを行っており、カリタスジャパンを含めて世界中の団体から援助を受けているが、単に援助に頼るだけではなく自立していく方向性を常に模索しているという。