土地も定職も持つことができず、一日200円程度の日雇いで生計を立てているお父さんは、何とかして子どもたちだけはしっかりと教育を受けさせたいと語ってくれた。お父さんの目には希望の輝きがあった。